葵花子
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南に10、西に23の道程
昨日は一日のんびり過ごしました。
一週間という帰省日程をひたすら家族の天秤的な位置を心掛け、中高時代の友人と知り合いとそれぞれ接触して一息ついたら、もう帰宅の前々日だったという忙しなさ。

その分、のんびりしてても食事が出てくるし、洗濯しなくていいし…
これが実家のいいところですね。

最近では、姉の服選びと称して買物に付き添うと自分の服まで買って頂けるのでまあ自分にとってはプラスの方が多いかなっていうのが実家です。


そういえば、私は今の実家の場所から丸々18年程度一度も引っ越したことがなかったのです。
よって、実家がそのまま故郷であり、発生源であり…ともかく、とても懐かしく、私という人間を育ててきたものが凝縮された場所なのですね。

その場所は、私が中学生になったころからゆるやかには変わっていきました。
広がっていた田んぼがすべて住宅になってしまうなどという強い喪失感を与える変化が起きたのもこのときで、今回の帰省に関して、これくらい大きな変化はまったく見受けられなかったです。

しかし、建物はそのままあれど、お店は閉店していたり、入れ代わっていたりして、各所各所が、明らかに変わっているということに今回は「あ、段々ここは私の故郷ではなくなりつつあるのだな」という思いを抱きました。
私の故郷はあの場所なのです。しかし、私の故郷と呼べる時と風景はきちんと失われているのです。

それをとても淋しく感じて、その足で昔の遊び場の横を通りました。
小さな滑り台や、ブランコなど。
今見たら、とても小さくてみっともない遊具は、昔の私にはとても大事なものだったはず。
今はきっと登るのがすごく簡単な木を、あのころは手足を伸ばして頑張っても登れなかったなと考えると、とても勿体ない。


今の私は色々なことを知ってる。
けれど、今の私より、昔の私の方がきっと色々なものを感じていたんだろうな。

その感覚を忘れているのが哀しいなぁ。



さてはて、そして帰ってきてから。
某家の新年会に参加した後、終電で帰る二人のお嬢さんと共に辞して、走るお嬢さん方を見送っていつもお世話になってる先輩とのんびり歩いて途中まで帰りました。

こちらにいない間に積もった雪は、まだ新雪のままで、ぼふっとその上に倒れ込みたい白さでした。まぁ…昨日はショートパンツにタイツだったので、その後のことを考えるととてもできなかったですが。

きんと冷えた空気と、光を反射して光る白さと、音があっても吸い込まれてしまう夜の冬道がとても好きです。

ひとりでも、1kmくらいなら余裕で歩けます。
一昨日は、二人だったので、タイトルにあるような、単純換算2.5kmくらいの道のりも歩けてしまう気がしました。
まぁ、残り1kmくらいでタクシー捕まえましたけど。

音楽の話を交えてつらつら話しながら歩いてました。

色々…考えすぎちゃいけないよねってことを改めて感じました。
言ってる傍から考えてるけど。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sonnenkind.blog123.fc2.com/tb.php/3-6b0aba6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。